卵巣腫瘍

TOP

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)卵巣がん、これは卵巣に出来る腫瘍で、良性の物と悪性の癌があります、年齢的には若い方でもなります、歌手の宇多田ヒカルさんもこの病気でした。妊娠、出産の経験がない女性に発生率が高いと言われています、ですので人事ではすまされない病気です。

卵巣腫瘍症状、卵巣は人間の体の中で最も腫瘍ができやすい場所なんです、卵巣がん(癌)の80%以上は卵巣の表面に発生するがん(上皮癌)です。残りのほとんどは胚(はい)細胞腫瘍(卵子を生じる細胞から発生するがん)と間質細胞腫瘍(結合組織に発生する癌)です。

卵巣がん病期、これは世界産婦人科連合(FIGO)によってT期からW期の4つの進行期に分類されています。卵巣がん、I期はIA期、IB期、IC期に分かれます。

卵巣腫瘍手術、卵巣腫瘍の手術は治療目的の、腫瘍摘出と共に(癌)がんの進行期を診断する目的でも行います。卵巣腫瘍が明らかに広がっていて、全部摘出できない場合には、手術を縮小して抗がん剤治療を行う場合もあります。

女性用 がん総合リスクチェック/がん検診を受けていない方、忙しくて時間がない方に自宅でできる血液検査キット【これこれ倶楽部】

女性用 がん総合リスクチェック/がん検診を受けていない方、忙しくて時間がない方に自宅でできる血液検査キットです。

卵巣腫瘍とは

卵巣腫瘍、これは瞳咳の一部、もしくは全部が線維組織などからできた固いこぶのような腫瘍です。充実性のものは悪性のものが多く、良性でも腹水がたまったりします。

充実性腫瘍の中でも、いくつかの種類があり、線維瞳、英膜細胞瞳、顆粒膜細胞腫、未分化胚細胞瞳などがありますが最もこわいのは、卵巣がんです。

卵巣腫瘍、卵巣がんの好発年齢

閉経前後の年齢ですが、他のがんに比べると若い人に多いので、若くても注意が必要です。欧米人に比べると、日本人は卵巣がんにかかる率が高くないのですが生活や生活環境の変化のために、最近は日本でも増える傾向にあります。

卵巣腫瘍は50〜70歳の女性に最も多く発生し女性全体では約70人に1人の割合でみられます。

しかし年代を問わず発症しますので、比較的若い年代、例えば10代後半の女性でも卵巣癌に罹る可能性は十分にあります妊娠、出産の経験がない女性に発生率が高いと言われています、ですので、人事ではすまされない病気です。

卵巣腫瘍と死亡数

婦人科がんの中では2番目に多いがんですが、死亡数は他のどの婦人科がんより多くなっています。

早期発見がしづらいということが大きな理由になります。卵巣がんは、初期にはこれといった症状もなく、検査でも発見しにくいと言うことがあります。

卵巣は体のなかでもっとも、腫瘍ができやすい臓器といわれています。卵巣腫瘍以外に、卵巣にはさまざまな腫瘍ができますが、その中には大きく分けて、良性の「卵巣のう腫」と悪性の「充実性腫瘍」があります。

卵巣の腫瘍のうち約9割が「卵巣のう腫」で残りの1割が充実性腫瘍なのです。そして、充実性腫瘍の8割が悪性と言われ卵巣癌(がん)がその代表例です。

がんはけして他人ごとではありません、私の友人も二人癌で亡くなっています、現在では医療機関に出向くことなく郵送で癌のチェックなどができるキットもあります、早期発見で癌と戦いましょう。


サブコンテンツ

女性特有の病気、備えは大丈夫ですか!

女性の病気・婦人病
女性の病気について優良サイトを検索できるようにしました。
睡眠を快眠・安眠の生活習慣
睡眠を快眠安眠するための自己チェックと眠りのための生活習慣です。
がん・ガン・癌スーパーリンク
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine
SEO対策ならSEO Studio
ネット サーチ ジャパン
サーチエンジン まるるサーチ 登録
Yahoo!ブックマークに登録

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。